BGMで雰囲気作り

カフェという空間にとって、居心地よさの演出に欠かせない要素は何だと思いますか?

飲食業にとって、商品やサービスと同じくらい大切な要素が、「居心地よさ」です。

「居心地よさ」を提供するためには、「BGM」は欠かせません。

店選びの基準にもなる「音楽」

今や店選びの基準にもなる重要なポイントは「音」です。「音楽」です。

インテリアや照明と比べると、店内に流れる「音」は、まだまだ軽視されがちです。

しかし、音の良し悪しは、お店選びの基準の一つとなっています。

今や、商業空間にマッチした快適な音環境は、集客力向上には欠かせないのです。

人間の五感をフルに満足させるための「BGM」

お店のメニューである商品が「味覚や食感」で満足させられるなら、BGMは「聴覚」です。

お客さんに安心感を与えるためにできることはすべてやりましょう。

もちろん、人気のあるメニューを出すというのは、最低限のことです。

もっと、「聴覚」でも満足させられるようなお店を構築できれば、商品やサービスに多少の落ち度があったとしても、「また来てもいいかな」ときっかけにはなるはずです。

 また、商品やサービスと同様のコンセプトが反映されていれば、お店に一体感が出て、より認知されすくなります。

居心地よさ、集客力向上には欠かせない「くつろぎ感」

人が集まるようなお店って、どこか「居心地よさ」や「くつろぎ感」が満ちているものです。

やはり、カフェをOPENするからには、お客様にはリピーターになってもらいたいですよね。

そのためにも、居心地のよさ、くつろげぎ感というものは大事です。

カフェにとって、そこにマッチした快適な音環境は、集客力向上には欠かせません。

店内とBGMのイメージを合わせよう

ここでの重要な要素としては、きっちりとお店のコンセプトを明確にしておくことです。

店内のイメージと、音楽【BGM】から受けるイメージが、あまりにもかけ離れていると、お客さんが違和感を感じてしまいます。

「どういったお客さんに来てほしいか」という明確なコンセプトがあれば、ジャンルを選ぶことは比較的簡単な作業となります。

費用をかければ、ジャンルも豊富に選択できますし、音質の高い、臨場感あるものを演出できます。

もちろん、費用をかけずとも、創意工夫で満足いくものをつくりだすことは可能です。

コンセプトとBGMジャンル&機器を合わせよう

  • ラジカセ
  • レコード
  • 有線
  • スピーカー
  • ジャズ
  • ロック
  • 民族音楽
  • 自然
  • ポップス
  • クラシック

いくつかのBGMジャンルを挙げてみましたが、お店のコンセプトとBGMジャンルは合わせましょう。

上記のジャンルに、自身のお店に合うBGMがないという場合は、ご自分の好きな音楽を、店内BGMとして使ってみたりしてもいいですね。

時間帯によって、BGMを変える

カフェに限らず時間帯によって、BGMを変えているお店は少なくありません。

昼の顔と夜の顔が違ったお店のほうが楽しみ方も変えられるからです。

もちろん、来店されるお客さんが、昼と夜では全く違うからという理由のお店もたまにあります。 提供する商品や照明の調整・BGMの変更を時間帯によって行うだけで、1店舗経営で、2種類の店舗を生み出すことが可能となるのです。

「音量」もまたその店の個性となる

ここでも重要になるのはコンセプトです。

落ち着いた空間で癒しを求めているのなら、音量は低めに設定しないといけません。

気持ちを高めたい、テンションを高めたいと求めているなら、普通のお店よりも高めに設定すればいいのです。

もちろん、先ほど述べた「時間」によっても音量を調節する必要があります。

お客様に喜ばれる店づくりの一歩は、細心の部分までの心配り・気配りです。

フツーのお店は、音楽にまで気を配ることなんてないのですから、もし「音楽」にまで気を配っている店舗があるなら、そちらの方を選ぶことになるでしょう。

※空間をくつろぎ感で演出するためのマストアイテム

リラックス感やくつろぎ感を演出するために、グリーンはマストアイテムです。

何度も、お客さんに来てもらうためには、充実したメニュー、コンセプトのほかに「くつろぎ感」も欠かせません。

このくつろぎ感を演出してく れるのが、表情豊かなミニチュアや、小さな置き物、グリーンやお花です。

自身のお店のコンセプトと関連したようなアイテムを置きましょう。

かわいい動物の人形や、ミニチュアは、心をリラックスさせてくれるアイテムです。

グリーンやお花は、店内のイメージに合わせましょう。

グリーンやお花があるだけで、お店のなかは生き生きとしてくるからです。

居心地よさの演出に欠かせない要素は「BGM」

飲食業にとって、商品やサービスと同じくらい大切な要素が「居心地よさ」
「居心地よさ」を提供するために、「BGM」は欠かせない
「音楽」が店選びの基準になることもある重要ポイント

インテリアや照明と比べると、店内に流れる「音」はまだまだ軽視されがちです。

ほんとに、空間にマッチした快適な音楽環境は、集客力の向上には欠かせません。

軽視されている「BGM」だからこそ、お店に合った「音楽」をかけたいものです。

費用をかけずとも、創意工夫で満足いくものをつくりだすことは可能なので、まずは、自身のコンセプトをもう一度確認してみましょう。